一人ぼっち専門生活SNS

ひきこもり、ニートな俺の生活

お金に余裕が出てきた中年スネップ生活。

ポケモンGOっていいよね。やること簡単そうでゲーム音痴な俺にも取り組めそう。しかもアウトドア的なところがいい。普段ひきこもりな自分が外に出るきっかけとなるじゃないか。街や公園に行けばたくさんの仲間もいるらしい。

問題としては俺はスマホは持っていない。仕事上、携帯くらいは必要なのでガラケは持っていたが今はもう不要。もう電話かけることもなければ、受け取ることも無い。ひきこもりニートには不要なのだ。ただ遠出するとき何かあるといけないから家族との連絡の為に所持しているにすぎない。どうせ使うことないから、通話料が高くて、月々の定額料金が一番安いやつ、しかも家族割りで。

そんな俺がスマホを持とうと色々検索かけてみた。するとどうだ月々の利用料金が5,000円程もするのか?そんなに高いのか。んんー、つまりポケモンGOというゲームの使用量が月々5,000円。こう考えると高すぎです。ダメだ、俺には無理、諦めよう。しかし高校生のスマホの普及率って95%くらいあるじゃん。カネの事を考えるとすごいもんだな。

さて、ひきこもり生活も2年が過ぎ、アフィリエイトにも嫌気がさしてきた。しかし生活は金銭的にはある意味楽になったものだ。前回の記事で俺が務めていた頃の給与明細を出したが、今の収入は同じくらい。ただお勤め人と違って出費が少ないんですよね。家にいてブログ作ってご飯食べるだけ。家族と同居だから金いらないし。主な出費はコンビニでお菓子とジュースだけだ。あと趣味のパチンコ。

勤め人として外に出ると色々と金使うよね。それが全くないから、お金に余裕がある。最低賃金で働きに出るより生活保護受けたが暮らしが楽になるのと同じだ。

俺のひきこもり生活も軌道に乗ってきたというわけだ。しばらくのんびりしながら来年には20万、30万と収入を増やすのみ。

 

 

ネット私刑の準備をすすめていた矢先に和解。

一人でニートな暮らしをしていると、人への恨みなどが思いこされる。ふと思ったがネットで私刑なるものが横行しているようだ。俺も参戦しようと思った。もともとヤフーチャットでは怖れられたネットーストーカーな俺(謎)だが言っておくが、見ず知らずの第三者への攻撃ではない。あくまで自分が恨みを持つ人物に対してである。

ターゲットは学生時代に4万円の金を貸した同級生。大学受験費用をパチンコにつぎ込んで困っていた同級生だ。何度か催促したが金は返してもらえない。社会人になっての同窓会でも知らぬ顔。

人の好意を踏みにじった憎き男。だが自分も忙しく働いているうちはあまり気にもかけないものだ。しかし今のニートな身分になると、しかもソイツがフェイスブックリア充やってるとむかつくだろ!

ということで、まずはフェイスブックでソイツの顔写真、および奥さん、子供までのキャプチャー画像を入手した。自分の手持ちサイト、ほか拡散希望でいろんなサイトに掲載してやる。

俺は怨念に身を震わせ、まずはそいつの会社に手紙を出すことにした。

・・・・

俺の予想では、会社を巻き込むなーと怒りに身を震わせた奴が夜にでも電話してくるだろうと予想した。そのとき俺は、自分が本気であることを伝え、目標到達点は、君のクビと、家族の離婚だと告げるつもり。

こんな話を言う俺は、悪人のように思われるが、でも考えてもみろよ。100%向こうが悪い。

ちなみに裁判になったら、俺が負ける。何故ならすでに20年前の時効です。しかし目的は相手にダメージを与えることであって、俺の収支は別にマイナスでも構わない。

・・・

予想通り電話がかかってきた。そしたら非常に丁寧で落ち着いた口調でゴメンなさいで一件落着・・・。あれれれ、俺も燃える執念の炎が消されてしまった。

会社の総務からこんな手紙が届いたけど、ちゃんと対処しなさいと言われれば、そう誠実に接するしかないよな。本人も社会人として、良い大人として丸くなったようだ。いや丸くなったというか、本心は別の所にあるかもしれない。しかし利害関係を考えると平謝りが一番手っ取り早い。こういう巧緻な計算を丸くなったと言うべきか・・。

んーしかし会社経由だったから、こんな結果になったのかもしれないし、もし直接本人に手紙を出したのであれば無視されたのかもしれない。けどまあいいか、これにて終了。つまらん話になってしまった。

 

 

 

 

 

この給料で生涯働くのと生活保護はどっちが良い暮らし?

f:id:hitoribottisennmonn:20160607140017j:plain

そういえば、車整備士の仕事していて国家資格持っていて毎月の給与が手取り14万とかでヤフーのニュースになっていたけど、別に珍しいことでもなく、そいつがただ中小企業に勤めていただけという話じゃないか。別に会社が悪いわけじゃなく、というかその14万の賃金を払うだけで会社は精一杯なんだと思うよ。

俺だって写真のような給与でしかなかった、彼より長く勤めていたけどね。そしてその先10年勤めても、そう賃金は上がるものではない。会社自体が苦しいだろうし、そもそもゴーイングコンサーンできるかも怪しい。それでも従業員に賃金を払い続ける会社にある意味、感謝したいくらいだった。

前に話したが、うちの町に引っ越してきた人が、前職で年収800万だったにもかかわらず俺が居た会社を選ん理由は、職安の求人の中で、ここが最もマシだった。そういう理由だと思うし、俺だってそう思って勤めていた。

従業員の入れ替わりは激しい。それは給料が安いからというか、右に行っても左に行っても、どこも給料はそう変わらないんだ。だから後は人間関係が物を言う、居心地の良い会社という基準で人は流れると思う。

俺もそういう理由で退職したが、それで良かったと思う。もし居心地が良かったら、ずっとそこに居続けただろうしね。そして定年を迎え、貯金も無く再就職、ダメになったら生活保護か?先を考えると不安で不安で仕方がなく、その不安を払拭するために今を一生懸命に働いたものだった。仕事に没頭すれば他は何も考えなくて済む・・・。

俺の場合は実家暮らしだが、この給与額から家に3万入れている。そして生命保険1万円、通勤の車のガソリン代、昼食代、無論、市県民税とかもある。そうなると残りは5万程か?その中から将来の為に皆2~3万ほど貯金しているから、残りはもうほとんどない。中小企業に勤めるやつらはみんなそんなもんさ。だから生涯ずっと現役。もし働けなくなったら困るな。

そんな俺の給料額を見て、生活保護の人は俺よりもっとお金を貰っていると言った。さらに彼らは税金がいらないでしょ。病院もタダ?すごく支払いが少ないよね、いいもんだな。

つまり生活保護生活者は、俺より自由に使える金が大きいことになる。余裕で積立して車買えるんじゃないかな。にもかかわらず、車とか持てないでしょ。全部消費するしかない。ならパチンコじゃん。理にかなっているよ。

 

 

 

 

 

 

ヒキコモリ歴2年、いちおう順調に生活続いています。

だいたいこういうヒキコモリ日記は途中で終わってしまって、そいつが最後どうなったのかが気がかりだったりする。昔「働いたら負け」とか言っていたヒキコモリ君はまだ闘っているのだろうか?噂ではどこかの空港で働いている写真がネットで公開されていたが、果して本人だろうか?彼は決して負けたりしないと信じているファンの記事もネット上で見かけたことがある。

さて自分はというと順調に引きこもっている。携帯電話も解約しようかと迷っている。無駄な出費だ。俺への電話なら家の電話にかけて貰えばいい。携帯が必要だったのは、あくまで「仕事」の上での事。携帯くらい持ってないと職についけないよな(謎

で、引きこもって2年だが、とえりあえずアフィリ報酬も10万円を超えた。アフィリの良い点は、バイトみたいな一時的な収入ではなく、今後俺は大げさに言えば何もしなくても年金みたいに毎月10万円前後が振り込まれてくるということだ。何もしないわけはなく、さらにアフィリに勤しめば10万円+今後の活動としてどんどん積み重なっていく。将来夢がありますね。

前職の零細企業勤務の頃は手取り12万円だった(ボナ無し)。やっぱ自営つーか、働いた分だけ報われるのは嬉しいですね。

 

 

 

 

人と会話するという今年の目標はもう諦めた。

たけしのテレビでヒキコモリをやっていたが、社会復帰しようと頑張っている姿がそこにあった。偉いものだ、行動すれば何かが変わると思う。

ところで俺、今年の目標はネットの世界でもいいから人と話をしようとチャットでも始めたのだが、さっそく挫折してしまった。というのはどうも落ち着かないのだ。会社員で在った頃は毎晩チャットしていた。それは自由時間だからだ。しかし今現在の自分は、自称アフィリエイターなのだ。チャットしてる暇あるなら、何かブログ作れよ、と考えてしまう。

たぶん焦り過ぎなのだろう。それもそのはず。人生2回目のヒキコモリ生活に突入して、2回目の今回も今年の5月頃にヒッキー歴2年を迎えてしまうのだ。せめて月に10万円稼げたのならアフィリエイターの仕事しています、と自慢げに言うのだが、今のとこ7,8万円程度。もう少しなんだけどな。早く10万超えろと焦っている。一応今年いっぱいに達成したいとの緩やかな目標設定だったが、やはり心が焦るんだね。

ところで、もう就職とか全然考えていない。当初はアフィリエイトにある程度のメドが経ったら再就職をと考えていたのだが、今は上記のアフィリの焦りしか心になくて、まったく仕事とか考えたことが無い。たぶんもう俺は就職しないのだろう。働かないのだろう。でも見方によっては、そんなに必死に今の自分の仕事?に打ちこんでいるとも言えなくない。

ただアフィリエイトというものが、世の中に仕事として認知されているものではなく、当初はその状況にこそ焦りも感じていたが、今はその焦りはない。あくまでイマイチ稼げない自分に対して焦っているのであって、アフィリエイトを仕事として認めている自分は居るのだ。

そして、そのうち成功したら、俺はどうなるのだろうか?ヒキコモリの生活は変わりないんだろうね。でも言葉上はヒキコモリを廃止して、ネットで自営業とでも名乗ろうと思う。だが、名乗るにも、もうずっと他人と口きいたことない。いつか他人と会話を交わす日は来るのだろうか。

人と会話経験無し1年以上、今年はネットの世界でもいいから知り合いを作りたい。

そういや新年になっている。去年は家族以外の誰とも会話をしたことが無い。去年おととしは街で知り合いに偶然出会って会話を交わしたことが2度だけ。今年は誰かと会話をすることが出来るだろうか・・・。

俺ってマジで一人ぼっち専門生活。ネット上にも知り合いなど居ない。昔はヤフーチャットをやっていてネットで人と会話をしたが、今はそのチャットがなくなったものだから、ネット上の知り合いも皆無だ。

世の中にヒキコモリ気味なヤツは多いが、ネット上では知り合いがいる奴らも多い。だが俺は全くない。例えば俺はこんなブログ記事を書いているが、人のヒキコモリブログを読もうとも思わない。同じ境遇の仲間を望んでもいないし、そもそも俺は、別に人を避けているわけではない!もし知り合いが俺を訪ねて来てくれたり、電話をくれるのなら歓迎するよ。ただ俺の方から積極行動に出ないだけ。そしてそもそも友達がいないというだけの話。そんな40代の無職男性が俺だ。

とくに寂しいとか感じたことは無い。それは昔からそうだったから、それが当たり前の状況だからだろう。ただ将来的なパートナーを欲しいとか思ったりもする。無論友人も。だが、それは決して寂しいからではない。実は、人がいないと相談とか出来ないだろ。チャットがなくなってネットですぐ人に相談できなくなって不自由している。

今年は別のチャット部屋にでも顔を出して知り合いでも作ろうかなと思う。

 

 

 

 

 

 

中高年ヒキコモリ(SNEP)の俺、もう2度と働かない。

40も超えたオジサンが独身のまま実家で親と同居している俺のような人間を世間ではSNEPと言うらしい。とはいえただ引きこもっているわけではなく、アフィリエイターとして何とか生活できないかと目論んでいる最中なのだ。

もともと俺は大卒で銀行員。ただ仕事が合わないから辞めたが、その後地元で転職すると給料の良い会社が存在しない。年収200万程度だ。その話はすでに以前述べた。そして今また退職して今度は本物のヒキコモリまっしぐら!もう俺は会社で働く意志はさらさらない。実はこれこそが本当に自分の将来を考えている?からかもしれない(謎

というのはネットのニュース記事で中年フリーター老後破産との記事がある。実は俺も地元の中小企業で働いているときずっと感じていた。年収200万。ベアなしボナなし。いつ倒産してもおかしくない。仮に辞めたらまた別の似たような会社に勤めるだけ。結局その繰り返しなのだ。一生懸命に働いていまさら何になる?何か状況が変わるのか?絶対に変わらない。だから何かしら考えて行動をする必要がある。単純な考えだともっとお金が良さそうな会社に転職することだろうね。あればだけど。

で、その将来の事を考えると不安でいっぱいになってくる。その不安を払拭する方法はただ一つあった。一生懸命に働くことだ。今を一生懸命に働けば何もかも忘れ去って爽やかなのだ。俺は何て素晴らしい従業員だろう。

だがこれってさ、将来からの現実逃避に近くないか?

 今を働いて将来を忘れる。これこそが逃げているにすぎない。甘えなのだ。俺はいま働いていない。俺の履歴なら地元の中小企業ならどこでも雇ってもらえる。でもこれこそが逃げであり甘えなんじゃないのか?親は俺が再就職すればホッと胸をなで下ろすだろう。でも公務員だった両親は地元企業の年収を知らない。200万の世界だということを。就職=年収500万と考えていると思う。俺も話したことが無いしね。

今働けば親を満足させることは出来る。しかしこれこそ逃げであり、甘えなのだ。俺は今、将来のことをもっと現実的に考える必要がある。無駄に就職して働いて逃げてはいけないのだ。就職して働くことが現実逃避 というのは何とも奇妙な世界だが、でも確かに間違っていないと思う。実際自分の周りにそういった人も居る。そして体調が悪く働けなくなった今では生活保護を貰っている。一生懸命働いても、なけなしの賃金では状況は変わらない。そもそも一生懸命の方向性を間違っているんじゃないか?

だから俺も中小企業で一生懸命働くのは辞めたわけだ。働かないで将来を見据えて何かを見つけ出す方が正しいと思う。一生懸命やるのは働くことではない。自分の将来の方向性を考えることにこそ一生懸命になるべきだと思う。

俺の場合、すでに話したが、アフィリエイトに打ち込み始めた。また最悪のケースの保険としてある程度の資産もある。たぶん今の方向性でこそ正しいのじゃなかろうか。とにかく俺は中年フリーター老後破産の記事のような状況下からは脱げ出すことに一生懸命がんばりたい。