一人ぼっち専門生活SNS

ひきこもり、ニートな俺の生活

中高年ヒキコモリ(SNEP)の本音。俺の場合・・・。

俺のような中高年のヒキコモリはSNEPというらしい・・・。

ヒキコモリになった原因は人それぞれだろうが、中高年のヒキコモリは今までずっと普通に社会で働いてきて、色々思い疲れて引きこもってしまうのだ。世の中にかなり多いらしい。未婚で無職の人達のことだ。

世の中にとっては深刻な問題かもしれないが、本人たちにとっては、それほど深刻じゃないかもしれない。まあ俺を例としての話だが20代のニートとはそもそもの考え方が違う。

20代にニートの場合、自分の将来が見えなく不安を覚え深刻に悩んでいると思う。しかし40代や50代の今まで働いていた人のヒキコモリの場合、ある程度の将来は見えるし、予測しえるのだ。それゆえますますヒキコモリになっていると思う。

 つまりだな、若い人ならヒキコモリからの脱却とか将来への希望というまだ見ぬ希望がある。社会復帰して仕事して恋愛して結婚、家族とかそんな感じだよね。どうなるかは分からない。分からないから夢見る希望なのだよ。だが、40代50代ともなる独身者ヒキコモリになると、その希望がないに等しい。そもそも自分がどうゆう状況になったのを幸せというのかが疑問符なのだ。

仮に再就職して働いても、ただ賃金を得るだけ。これは生活に最もなことだが、俺みたいに今働かなくても親に甘えて生活は出来る。もし親が居なくなったら・・というのがニートの不安なのだが、それは20代の話。中高年の場合はその辺もすでにある程度は計算できているのだ。50代ならあと10年ちょっと粘れば年金がもらえるだろ。俺だって自分が年金貰う頃まで親が生きていると思う(期待)

もっと言えば、独身で家族がいないわけだ。つまり親が亡くなって俺も亡くなってしまったらすべて0になる。守るべきものが何もない。おそらくここが重要だったんだと思う。はてなのブログでもこんな話があった。50代独身で両親もなく自分ひとり。会社ではそれなりに重要な地位についているが生活においてすることが何も無いという話だった。俺も共感を覚えたものだ。

ちょっとズレたが、自分が亡くなればそれですべてが終わる。いま自分のもとにある資産(親の資産)は俺が亡くなれば引き継ぐ人はいない。今ある土地とか家はもういらないのだ。もし親が亡くなって俺一人ならば全部売り払ってしまって自分ひとりひっそりアパートで暮らしたいとも思う。上記に書いたようにある程度の計算は出来ているのだ。自分の残りの人生と今ある資産を食い潰した場合の差引を。おそらく中高年のヒキコモリは俺と同じようにすでに計算済みなのかもしれない。

別に働いてもいいんだ。俺は別に病気でも何でもないし。そして行けば採用されるだろう。しかし働かなくても状況は変わらないのだ。だから腰も上がらない。

一言でいえば、甘えというヤツだ。しかしそれは否定されるものでもない。そもそもがんばる必要性がどこにあるのか。甘えるな、ちゃんと社会に出て仕事しろ? 

誰の為に?自分の為?俺は必要としない。

もし俺を必要とするならば俺は喜んで働きたい。守るべき家族のためとか、他人や会社が必要としてくれるなら俺は喜んで働きたいと実は思っている。まあ中高年の大方のヒキコモリの原因は俺のように仕事上とかに問題があったのだろう。世の中に自分は不必要と考えたりして居場所がなかたっとか、そんな感じだ。

そういや、どっかの大臣が中高年ヒキコモリには農場をさせろ!とか言っていたらしいが、その考え、俺は賛成だよ。そういった居場所を作ってくれるなら歓迎だ。

 つーことで、中高年のヒキコモリは社会的には深刻のようで、本人たち(俺)には、お気楽のような考え方の上に成り立っているのだ。それより20代ヒキコモリの方が断然苦しい。先が見えぬ将来だ。しかし見えぬ将来とは希望でもあるから、若い人は頑張ってほしい。

だが中高年ヒキコモリが希望がないのだよ。だから腰が上がらないのだろう。もがく必要が無い。自分を変える必要もない・・・。

現在の日本において、若者は無気力となって、恋愛に興味を持たない、自分に自信が無いという人が多いようだ。その彼ら、今現在社会で仕事をがんばっているとしても、将来的には俺のようになる可能性は高いだろうな。